さいたま新都心「アングランパ」のカヌレ

カヌレ

さいたま新都心のパティスリー「アングランパ」のカヌレを食べてみた。

フランス菓子らしいメリハリの効いたカヌレ。

外カリッ、中もちっとの食感が最高だった。

「アングランパ」について

アングランパ(UN GRAND PAS)は、さいたま新都心駅から徒歩5分ほどの場所にあるパティスリー。

2013年にオープンした比較的新しいお店だが、早くもさいたま市を代表するパティスリーとの呼び声が高い。

名店「オーボンヴュータン」で修行したシェフが作るのは、伝統的なフランス菓子をベースにしたケーキや焼き菓子たち。

もちろん「カヌレ」も置いている。

アングランパのカヌレを食べてみた

ケーキをいくつかと一緒に、カヌレを買ってみた。1個230円。

値段もサイズも平均に近い。焼き色はかなり黒め。

断面図。中はしっかりと詰まっていて、モチモチしっとり。

外側の皮はガリッと固め、中のモチモチ感とのコントラストが見事だ。

これは理想のカヌレの食感…!

フランス菓子らしく甘さは十分、ラム酒の香りも強い。

私は香りが控えめな方が好きなのでちょっと強すぎるかなとも思ったが、メリハリがあっておいしいカヌレだった。

ちなみにケーキもおいしい。ものによってひとクセありますが味は間違いなし。

今回買った中だと「フロマージュ クリュ」(写真右上)が一番好きな味だった。

アングランパについて詳しくは、別のサイトで書いてるのでこちらも合わせてどうぞ。

カヌレ 関連記事

カヌレの食レポ、たくさんあります。

カヌレに関する記事一覧:https://mg2sakura.cafe-tatsujin.com/category/canele

コメント

タイトルとURLをコピーしました