【カヌレ】吉祥寺・リベルテのカヌレを食べてみた

カヌレ

東京・吉祥寺「リベルテ パティスリー・ブーランジェリー」のカヌレを食べてみた。

ほろ苦さが強めの大人のカヌレ。

ブラックコーヒーとともにいただくのがおすすめ!

リベルテ パティスリー・ブーランジェリーについて

「LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE」(リベルテ パティスリー・ブーランジェリー)は、パリに本店をもつパティスリー。

2018年3月にオープンした吉祥寺店は、世界展開1号店らしい。

同年10月には京都店もオープンしている。

今回は、リベルテ吉祥寺店のカヌレをお土産にいただいた。

カヌレは京都店のみで販売していたが、2019年3月から吉祥寺でも販売するようになったとのこと

(詳しくは公式サイトに書いてあるのであわせてどうぞ)

リベルテのカヌレを食べてみた

リベルテのカヌレは、一般的なものより焼き色が強く、黒々としている。

天面のくぼみが浅く、まるっとかわいらしい見た目も特徴だ。

白いお皿にのせて、ちょっとおしゃれに撮ってみた。

うん、カヌレは白い皿のが映えますね。

外側の皮はザクザクとした歯ごたえ。

カリッと、ではなくザクザク、の方が近い。パイ生地に似たような香ばしい食感だ。

そして見た目を裏切らないほろ苦さ。自分的カヌレ史上、いちばん苦味が強い。

中は水分量が多くモッチモチの生地だ。甘さも強め。

皮のほろ苦さと中のモチモチ感、コントラストがたまらない。

バニラとラム酒がよく香り、ブラックコーヒーに合いそうな大人のカヌレだった。

ほろ苦好き、モチモチ好きな人におすすめ。やや通好みの味だと思う。

リベルテのカヌレの値段

吉祥寺 リベルテ パティスリー・ブーランジェリーのカヌレは、1個260円ほど。(いただきものなので、聞いた情報です)

リベルテの公式サイトはこちら。

カヌレ 関連記事

カヌレがお好きなら、こちらの記事もあわせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました