ローソンの「バスチー」(バスク風チーズケーキ)食べてみた

コンビニグルメ

ローソンの新商品「バスチー」(バスク風チーズケーキ)を食べてみた。

濃厚クリーミーなしっとり食感のチーズケーキは、焦がしカラメルのほろ苦さがアクセント。

それなりにおいしかった。(語彙力

バスチーとは

バスク風チーズケーキ、略して「バスチー」は、2019年3月26日にローソンから新発売されたスイーツだ。

キャッチフレーズは「レアでもベイクドでもないチーズケーキ」。価格は1個199円(税込215円)。

クリームチーズと牛乳、北海道産生クリームを使用している。

このバスチー、テスト販売での初週売上が、ローソン一番人気のプレミアムロールケーキを上回ったんだとか。

”プレミアムロールケーキを超えるスイーツ”として早くも期待されているようで、ローソン公式さんや大手メディアでのプロモーションがかなり激しい。

新商品大好きな私はとりあえず食べてみることに。

「バスク風」って?

バスク風チーズケーキの「バスク」とは、スペインとフランスにまたがる国境地域「バスク地方」のこと。

バスク風チーズケーキは、表面を真っ黒に焦がして作るのが特徴だ。

日本にバスク風チーズケーキを広めたのは、東京・白金のケーキ店「GASTA(ガスタ)」なんだそう。

ガトーバスクとは関係ない

バスクと聞いて真っ先に思い出したのが「ガトーバスク」というお菓子の名前。

参考:ガトーバスク|辻調おいしいネット

カスタードクリームやチェリーのジャムをクッキー生地で包んだ、タルトのような焼き菓子だ。

発祥の地域が同じだけで、作り方なんかは、バスク風チーズケーキとは関係ないみたい。

ちなみに「若鶏のバスク風」という料理もおいしい。

参考:若鶏のソテ バスク風|辻調おいしいネット

「バスチー」を食べてみた

さてさて、話を戻して。ローソンの「バスチー」を食べてみた。

薄い紙のカップに入っている。大きさはわりと小さめな印象。

表面の焼き目が袋にくっついて、ちょっと剥がれてしまった。

フォークですくってみると、ホロリと崩れる感じ。焼き色のわりに中は柔らかい。

買ったとき店員さんに「スプーンお付けしますか?」と聞かれたのだが、たしかにこれはスプーンで食べてもいいかもしれない。

お味はというと、たしかにベイクドよりは柔らかく、レアチーズともまた違う濃厚な食感。

どちらかといえばベイクドチーズケーキの方が近いだろう。

チーズのコクがありつつ、口の中でなめらかにとろける。

後味はちょっと粉っぽい感じもする。小麦粉じゃなくてコーンスターチとか片栗粉みたいな粉っぽさ。(伝われ

表面と底の部分に「焦がしカラメル」が入っていて、ほろ苦さがアクセントになっている。

値段は215円とすこしお高めだが、この味がコンビニで買えるなら、たまには食べたいな、と思える味だった。

おいしいチーズケーキが食べたくても、ケーキ屋さんが開いている時間に買えないことが多いのだ。

「バスチー」のカロリー

「バスチー」のカロリーは、1個あたり260kcal。うち、糖質は23.4gだ。

ぎゅっと濃厚な味なので、大きさのわりに高カロリー。

「バスチー」の原材料表示

原材料は以下の通り。

クリームチーズ、砂糖、卵、牛乳、クリーム、コーンスターチ、カラメルシラップ、デキストリン、トレハロース、加工澱粉、糊料(増粘多糖類)、着色料(カラメル)

コンビニスイーツにしては、原材料がシンプルでいいと思う。

「山崎」製と「コスモフーズ」製がある

バスチーの製造者、今回購入したものは「コスモフーズ」となっていた。

実はこの「コスモフーズ」のほかに、山崎製パンで作っているものもあるんだとか。

レシピは同じだが、微妙に味が違うとの意見もあるので、食べ比べてみても楽しいかもしれない。

「バスチー」の賞味期限

賞味期限は、3月30日夜に購入したものが、4月2日午前9時までとなっていた。

買うタイミングにもよるが、丸2日は保ちそうだ。

保存は要冷蔵。

ちなみに凍らせて食べてもおいしいらしい。

「ザクシュー」も食べてみた

同時発売されたザクザクチョコレートシュー「ザクシュー」も食べてみた。

レポはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました