叶匠壽庵「あも」の桜味を食べてみた(春限定)

和菓子

滋賀県発祥の和菓子店「叶 匠壽庵」の銘菓「あも」に桜味が出ていたので食べてみた。

とんでもなくおいしいぞ。春限定なのでお早めに。

あもの桜味に偶然出会った

好きな和菓子のひとつに叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)の「あも」がある。

羊羹のような小豆の生地に、求肥を入れた棹菓子だ。

先日、デパ地下で贈答用の和菓子を選んでいたら、あもの桜味を試食に出してくれた。

ただでさえおいしい「あも」の求肥がさくら風味になっているなんて。

美味しすぎて爆買いした。(贈答用と自宅用合わせて4本)

見た目はふつうの「あも」とほとんど変わらない。

違いは求肥がほんのり茶色っぽいくらいか。

叶匠壽庵は求肥を着色料でピンク色にしたりとか、そんな媚びたことはしないのである。

味はというと、ふわりと香るさくらがとても上品で、ふつうのあもよりさらに美味。

桜餅が好きな人ならまちがいなく好きだろう。

求肥のもちもち感に、上質な小豆の風味は相変わらず。

毎日でも食べたいおいしさだった。

あも(桜)の販売期間・価格・賞味期限

あもの桜味は春限定だ。

販売期間と価格、賞味期限は以下の通り。

  • 販売期間:2月上旬〜4月上旬
  • 価格:1,512円(税込)
  • 賞味期限:製造日より26日

あもを上手に切る方法

あもを切るとき、真ん中のお餅(求肥)がモッチモチ刃にくっついてきてとても切りづらい。

少しでも上手く切る方法は

「なるべく刃の薄い包丁を使う」

「包丁の刃を濡らす」

「1カットごとに包丁を拭く」

この3つだろう。

清潔な濡れ布巾を用意しておいて、刃を拭きながら切るのがおすすめ。

拭く前にお湯で刃を温めるとなお切りやすい。

季節限定あもは他にも

桜味以外に、白小豆のあも、草餅入りのあも、柚子風味のあもなど、季節によっていろんな味が販売されているらしい。

また見かけたら買ってみようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました