【梅林堂】抹茶寒天あんみつを食べてみた

埼玉グルメ

埼玉県の和菓子店「梅林堂(ばいりんどう)」で、夏季限定の抹茶寒天あんみつが出ていたので買ってみた。

抹茶寒天に抹茶の粉付き。爽やかな香りで夏にピッタリ。

抹茶寒天あんみつは夏季限定

以前「梅林堂のあんみつがおいしい」という記事を書いた。

先日またあんみつが無性に食べたくなり、梅林堂に行ってみたところ「抹茶寒天あんみつ」なるものが出ているではないか。

どうやら抹茶は夏季限定らしい。(普通のあんみつは通年販売)

”限定”といわれると放っておけない性分なので、この日は抹茶を購入。

値段は380円(税込)と、普通のあんみつより30円高い。

梅林堂「抹茶寒天あんみつ」を食べてみた

フタを開けると、上のトレイには具材、下に寒天が入った2重構造になっている。

具材はみかん・赤いんげん豆・つぶあん・求肥3個。それに抹茶の粉と白みつ付き。

抹茶あんみつは白みつなのね!(ボトルが2本なのはなぜだろう)

▼ちなみにこちらが以前食べた普通のあんみつ。こちらは黒みつだった。

下の器には鮮やかな緑色の抹茶寒天、ところどころ普通の寒天も混ざっている。

写真撮り忘れて具を載せちゃったけど…。

緑色の寒天、キレイ〜。

抹茶粉末と白みつをかければ、出来上がり♪

さっそくいただきまーす。

パクッ。むむっ…なんだこれ苦い…。

抹茶の粉をダイレクトに食べてしまったら、めっちゃ苦かった。

これはよく混ぜて白みつと馴染ませてから食べるのが正解みたい。

だったら最初から白みつじゃなくて抹茶みつにしてくれればいいのに〜。なんて思いつつ。

抹茶の爽やかな香りと渋みが口の中に広がって、夏らしい味わいだ。


おいしい…けど、どことなく”コレジャナイ感”。

自分が「あんみつ食べたい」気分のときは、黒みつのコクを求めてるのかもしれない。

次回は浮気せずにノーマルあんみつに戻ろうと心に誓った。

抹茶寒天あんみつの販売期間は?

販売期間の詳細は、公式サイトには載っていなかった。

夏季限定なので、6月〜8月の間くらいかな?

(今回は6月9日購入)

原材料表示

今後の参考のために貼っておく。賞味期限は当日中。

梅林堂 関連記事

▼梅林堂のあんみつ

▼梅林堂の「ホワイトチョコレートやわらか」

コメント

タイトルとURLをコピーしました